【スヌーピーのイベントやってた】東京スカイツリーに行ってきました!

こんにちは!小坂あやみです♪

東京旅行を決めたときから一番子供が行きたがっていた場所。「東京スカイツリー」

「日本で一番高いところに行きたい!」叶えましょう!その希望。

いわずと知れた、超有名な東京の観光スポット、スカイツリー。

ただ、景色を楽しむだけでなく、さまざまなイベントを開催しているようです。

私たちが行った期間は「アストロノーツスヌーピーと宇宙を知ろう」というイベントを開催していました。

今回は、東京スカイツリーで5歳児と1歳児がどのようにイベントを楽しんだか。

また、チケット取得の注意事項もご紹介します。

もくじ

「東京スカイツリー」へのアクセス

【住所】〒131-8634 東京都墨田区押上1丁目1−2
【営業時間】8時~22時(最終入場21時)

【車で行く場合】
有料の地下駐車場と立体駐車場があります(350円/30分)

【電車で行く場合】
・東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」 下車すぐ
・半蔵門線「押上(スカイツリー前)駅」下車すぐ

今回、私達は錦糸町に宿泊したので、半蔵門線で行きました。

駅からはすぐなので、迷うことなく辿り着けました。

詳しいアクセス情報はこちら

入場券

【当日券】大人(乳幼児は無料)
(平日)展望デッキ2,100円 展望回廊1、000円 セット券3100円
(休日)展望デッキ2,300円 展望回廊1,100円 セット券1,550円

▲午前10時台のチケットカウンター風景です。

窓口は複数有り、予約をしているとスムーズに入場できます。

▲宿泊先ホテル「ロッテシティホテル錦糸町」からは半蔵門線で3分。

とてもスムーズでした。

東京スカイツリーレビュー

▲8月に訪れた際にはスヌーピーのイベントを開催していました。

このイベントに入場するには、フロア445以上へ入れる「展望回廊チケット」を購入する必要があります。

イベント内容は、宇宙をテーマにスヌーピー達と不思議な写真を撮れるスポットや展示物等です。

▲宇宙服の展示がありました。

宇宙ではこんな服を着るんだね。

間近で見たのは初めてなので興味しんしん。

▲太陽系についての解説です。勉強になるね。

▲絶景!と共にウッドストック達が!

おもちゃみたいなビル群とウッドストック達の対比がおもしろいです。

▲フォトスポットのひとつです。

まるで宇宙船に乗りこんだかのような気分を味わえます。

▲フォトスポットのひとつ。

宇宙飛行士スヌーピー達と一緒に探検だ!

▲限定グッズが買える特設ショップがありました。

スカイツリーとスヌーピーのキーホルダーや刻印メダルが人気のようです。

展望デッキ(フロア350)

▲入場するとまずは展望デッキに案内されます。

こちらでは特にイベントはありません。

窓から見える景色は圧巻!!「高いねー!!」

▲足元がガラス窓になっているスポットがありました。

高所恐怖症の方にはつらそうです。

▲長男が「やりたい!」と言い出したのがはがき投函。

日本一高い場所から手紙を出すことができます。

スカイツリーの絵葉書も切手もポストそばの売店で購入できました。

旅行後に届くように自分宛にも出していました。楽しみが増えたね。

スカイツリーの休憩場所

フロア350にはスタンディング形式、フロア340には椅子席で軽食を堪能できるカフェがあります。

▲フロア340は宇宙飛行士スヌーピーをイメージした可愛いメニューが多数ありました。

こちらはイベント開催期間中だけのメニューです。

自販機情報

▲展望デッキ(フロア350)展望回廊(フロア450)とも目につくところに自販機はありませんでした。

事前に東京ソラマチ(商業施設)で購入しておく方がよさそうです。

東京スカイツリーのトイレ情報

▲展望デッキに多目的トイレ3か所 女性トイレ・男性トイレ各2か所

展望回廊に多目的トイレ・女性トイレ・男性トイレ各1か所あります。

多目的トイレ内は非常に広くてきれい。ベビーカーでも余裕で入れます。

オムツ替えも困りませんでした。

東京スカイツリー感想まとめ

注意点3つ

今回、東京スカイツリーを訪れてみて、注意すべき点は3点でした。

必ず事前予約を

今回、事前に旅行会社で展望デッキ(350mまで)のチケットを購入していました。

友人から、「当日券だと1時間位待ったよ」という情報を得ていたからです。

スカイツリーに行った日は平日でしたが、10時時点で長蛇の列。

でも!事前購入のおかげで10分程で入場できました。

ちなみにチケットは旅行会社以外では、公式HPからも購入できます。

300円安くなる上に、待ち時間も短縮!行く日が決まっていれば事前購入しましょう。

イベントは事前にチェック!

今回、展望回廊まで行く予定ではありませんでした。

100m高くなってもさほど景色は変わらないと聞いていたからです。

しかし、当日スヌーピーイベントがあることを知って、息子がぜひ行きたい!と。

追加でチケットを購入しました。(展望回廊のチケットは待ち時間5分程で買えます。)

イベント内容は、あらかじめよく調べておくべきですね。

フォトサービスに注意

展望デッキ、展望回廊に各1か所スタッフの方が写真を撮影・販売してくれるサービスがあります。

写真は1枚1500円。ついつい買っちゃうんですよね。

あらかじめフォトサービスがある!と覚悟して行きましょう。

感想

子供たちは日本で一番高い場所に行け、宇宙飛行士気分まで味わえて大満足の様子でした。

尚、新たな見どころとして屋外ガイドツアーもできたそうです。ただこちらは小学生以上とのこと。

もう少し大きくなったら、再度訪れたいです。もちろん今度は、イベントの事前チェックを忘れずに。

周辺のおすすめスポット

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる