【生歌に感動】『だいすけお兄さんの世界迷作劇場』in 加古川に行ってきました!

ずっと行ってみたかった「だいすけお兄さん」のミュージカルコンサート!

初めてだいすけお兄さんの「生歌」を聞くことができましたので、その感動をお伝えします。

もくじ

だいすけお兄さんの世界迷作劇場とは

このミュージカルコンサートの概要をご紹介します。

だいすけお兄さんとは言わずと知れたママ達のアイドル、NHK「おかあさんといっしょ」の元歌のお兄さん「横山だいすけ」さんです。

そのだいすけお兄さんが、ソロ活動の一環として、世界の名作をちょっと不思議なミュージカル・コンサート仕立にして、全国ツアーを行っています。

2017年から始まり、2019年現在で来場者数は10万人を突破するなど、全国各地で子供たちと親達から圧倒的な支持を得ているそうです。

そのコンサートが兵庫県に来る!ということで行ってきました~♪

チケット

だいすけお兄さんが兵庫県加古川市に来る!と知ったのは公演日の約2ヵ月前。

発売日は2018年の11月から「もう取れないのでは…」と心配しましたが、、、さすが地方都市、あっさりローソンチケットで1階席が取れました♪

ただし後ろのほうでしたが(笑)。

当日券は開演の1時間前から販売されます。

この日もまだ残数があるようでした。

だいすけお兄さんの世界迷作劇場の会場

今回の会場は加古川市民会館大ホール。客席数1524席。

JR加古川駅から徒歩15分程の距離にあります。

12時半開演、11時45分開場ということで、お昼ご飯を済ませてから向かうことにしました。

昼食は駅から会場途中にあるガスト。

「だいすけお兄さん・・・」というフレーズがちらほら。

同じような親子連れが複数いらっしゃるようでした(笑)。

昼食をすませて会場に到着すると、もう開演10分前!!

ちょっと焦り気味ですが、まだ会場の中に入っていないお客さんも結構いました。

やはり子供向けコンサートなのでベビーカー置き場も完備しています。

係のお兄さんの案内で、ベビーカーに名札を付けて預け、いざ会場の中へ~。

だいすけお兄さんのグッズ販売

入口からホールまでに、グッズ販売スペースがありました。

開演10分前だからか、それほど行列はありません。

なお、チケットを持っている人だけが入れるエリアには45分前から入れます。

グッズ内容は公式ホームページに書いてある通り、プログラム、タオル、Tシャツ、バルーン、おりがみ等。

別のコーナーには1回500円のガチャガチャもありました。

特賞はなんと、だいすけお兄さんと記念撮影!!!

金賞はサイン入りプロマイド、他は缶バッジ等の小物です。

残念ながら、倹約家の長男。

グッズ売り場はスル―なので、何も買えず・・・。

なお、他会場ではだいすけお兄さんのパネルと記念撮影ができるスポットもあったようですが、加古川では特に見当たりませんでした。

仕方なく?公演ポスターと記念撮影している親子連れがちらほら。

▲こちらがガチャガチャ。ママ達が真剣な表情です(笑)。

だいすけお兄さんの世界迷作劇場の公演内容(ネタバレ)

ホール内では撮影禁止なので、ここからは文章のみです。

開演前に我が子だけであっても撮影は許されません。

友達同士で撮影している方もスタッフに、

「撮影はご遠慮下さい!」

・・・と注意されていました。

さて、いよいよ「だいすけお兄さんの世界迷作劇場」開演です。

今回の作品は「桃太郎」がベースとなっています。

でもみんなが知っている、勧善懲悪(かんぜんちょうあく)の桃太郎とは一味ちがいます。

「桃太郎ってなんで鬼退治に行くの?鬼って悪いの?」

・・・と子供に質問されて困ったことがあったのですが、今回の桃太郎はというと・・・どうやら「悪い鬼をやっつける」という内容ではなさそうです。

桃太郎はぐうたらに描かれているし、鬼は実は心やさしい。鳥(実は雉ではなかった)さる、犬も個性豊か。

今回伝えたかったのは、

「みんな違って、みんないい」

・・・らしいです。

公演時間は約1時間強。

前半はミュージカル、後半はコンサートとなっています。

ミュージカルといっても、子供たちがよく知っている、「ちょんまげマーチ」「犬のおまわりさん」「鬼のパンツ」そして、おかあさんといっしょでも歌われていた「新幹線でご―!ごごー!」「とり」等なので、子供たちも飽きることなく鑑賞できます。

そして、曲とお話のテンポが非常にいいので、子供たちは見入ってます。

途中で「さる」「犬」「きじ」のキャストさん、そして、だいすけのお兄さんも客席に降りてきてくれました~!!

ママと子供たちの、

「だいすけおにいさーーーん!」

という歓声が凄かったです(笑)。

残念ながら、私たちが座っていた側には通ってくれず・・・(T_T)

後半のコンサートは、きじ役のお姉さんが「たくみお姉さん」と「あつこお姉さん」のパートを歌っていました。

2人のハーモニーがとても素敵で、「いつまでも聞いていたい!」という感じでした。

後半には私の大好きな「ぼよよん行進曲」も歌ってもらえました。

子供たちは「ぼよよーん」の部分でとび跳ねたり、親に高く抱っこされたり、かなりの盛り上がり♪

なお、各地方で盛り上がる曲が違うそうなのですが、加古川では「ぼよよーん」での高い高いが非常に元気で、だいすけおにいさんもびっくり。

ちなみに我が家は次男だけ高い高いをしたので、長男恨めし気。

大人1人で子供2人以上連れていくときは注意が必要ですね(笑)。

名残惜しいけど最後か・・・と思いきや「アンコール」もありました。

だいすけお兄さん自らが、

「大きく拍手してくれたら、まだでてくるかも?」

と予告してくれたので、みんな力いっぱい拍手します。

そして、本当に再登場してくれてみんな嬉しそう♪

だいすけお兄さんの世界迷作劇場感想まとめ

1時間の公演があっという間に感じられました。

終始、乳幼児向けの温かい雰囲気のまま進んでいきました。

途中でぐずる子もいましたが、それはお互い様です。

出入り口近くであやしていらっしゃるお母さんもいました。

幸いうちのやんちゃな兄弟はずっとくぎづけ。

一度もぐずることなく楽しめました。

ただ、長男いまいち理解が足りなかったか、「りさおねえさんは?パントはないの?ブンバボンは??」と。。。

しかも鳥役の方を「あつこお姉さん」と勘違いしているようでした(笑)。

これは事前の説明が必要でした…(^^;

でも母は大満足です。

子供たちが大きくなっても行きたいくらいです。

「だいすけお兄さん」のミュージカルコンサートは好評につき「第3弾」ツアー決定だそう。

次は「西遊記」とのことです!

※詳しい情報はこちら

周辺のおすすめスポット

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる