ロングすべり台が人気!「大森ふるさとの浜辺公園」レビュー

都内唯一の区立海浜公園「大森ふるさとの浜辺公園」に行ってきました!

都内で入江や干潟がある唯一の区立海浜公園です。

白い砂浜は約400メートルあります。

園内にはロングすべり台などの遊具があり、休日は特に子供でにぎわっています。

広大な芝生やベンチが設置されていて、親子連れやジョギングをする人やスポーツをする人など、さまざまな利用目的で訪れる人がいます。

公園には珍しいビーチバレーコートやマリンスポーツができるスペースもあり、オシャレな雰囲気のある公園です。

もくじ

大森ふるさとの浜辺公園へのアクセス

〒143-0007 東京都大田区ふるさとの浜辺公園1−1

【電車】
・京急本線「平和島」駅より徒歩約15分
・京急本線「大森町」駅から徒歩約12分

【モノレール】
東京モノレール流通センター駅から徒歩15分

【バス】
・JR「大森」駅から平和島循環バスで平和島五丁目バス停下車徒歩3分
・JR「大森」駅か「蒲田」駅から大森東五丁目行きバスで終点下車徒歩4分 ※本数が少ないです。

公園開園時間

【ふるさとの広場エリア】:終日利用可
【浜辺エリア】:午前5時30分から午後9時(12月29日から31日までは閉園)
【休園日】:12月29日から1月3日です。

大森ふるさとの浜辺公園の遊び場ポイント

ロングすべり台

▲公園のシンボル「ロングすべり台」は年間を通して大人気です。

こちらの公園の大人気ポイントは、平和島駅方面入口から公園に入ってすぐにある「ロングすべり台」。

公園のシンボル的な存在でいつも人が並んでいます。

小さなお子さんもすべりやすい緩やかな勾配で、ゆっくりすべることができるので安心です。

すべる面もロール状になっているので肌あたりも優しく、洋服のお尻がボロボロになるということもありません。

小さなお子さんは保護者と一緒にすべっているのをよく見かけます。

私も子供が小さい時はよく一緒にすべりました。

ロングすべり台を見た子供は一直線に向かって行きます。

次男も止めるのも聞かず真っ先に走っていきました。

ロングすべり台後ろにあるジャングルジム

▲ロングすべり台の後ろ側は、ロープで編んだジャングルジムなどが設置されています。

▲すべり台の後ろ側の近くには、このような遊具も設置されています。

ベンチやテーブルも設置されているので、子供を見守りながらご飯を食べることや休むことができます。

▲すべり台のスタート地点左側から見た浜辺公園です。

対岸に見える芝生の部分が砂浜のあるビーチになります。

すべり台から見た海苔の博物館

▲すべり台のスタート地点右側から見える風景です。

遠くにある建物は「海苔の博物館」です。

▲橋を渡っていくと、開放感あるビーチへと続きます。

ビーチ

▲真っ白なビーチが現れます。

オシャレな日差しを遮るパーゴラ付きベンチもあります。

日焼けを堪能するおじさん

▲おじさま方が日焼けを堪能されていました。

楽しみ方いろいろです。

▲ビーチは400メートル程続いています。

レストハウス正面

▲「レストハウス」です。

こちらではビールの販売もされており、海辺のカフェを思わせる様子です。

音楽も流れていてもう夏!の雰囲気でした。

休憩所脇では、かき氷やソフトクリームの販売がされており、この日は30℃を超える暑さのため長蛇の列ができていました。

レストハウス利用時間と設備

【開場時間】:午前9時から午後5時
・室内48席 屋外20席
・コインロッカー 男女 各44人分
・シャワー室 男女 各4台(5分100円)

フットサル場

▲ビーチ沿いの道を進んでいくとフットサル場があります。

▲広いグランドで思う存分サッカーもできます。

バスケットゴール

▲バスケットゴールもあります。

この後、近所に住む小中学生がやってきて大人気でした。

ビーチコート

▲バスケットゴールの後ろには白い砂のビーチコートがあります。

大森ふるさとの浜辺公園の駐車場

▲「海苔の博物館」脇にあります。

停められる台数が少ないので、混んでいる場合は高架下や近隣の駐車場を利用することをオススメします。

大森ふるさとの浜辺公園 駐車場

収容台数:144台
利用料金:30分毎に100円

大森ふるさとの浜辺公園のトイレや授乳室情報

駐車場にあるトイレ

▲「海苔の博物館」側にあるトイレです。

駐車場に隣接しています。

「レストハウス」内のトイレ

▲「レストハウス」内のトイレです。

オムツ替えシート&授乳スペースあります。

トイレの手前にキッズスペースがありました。

レストハウスの横にあるトイレ

▲「レストハウス」の横にあるトイレです。

車いす対応トイレ有ります。

大森ふるさとの浜辺公園へ行ってみた感想まとめ

とても晴れた暑い日でしたが、日差しを遮る屋根のあるベンチもところどころあり、テーブルも設置されている場所もあるので、そこでランチやおやつ休憩をとることができます。

また、レジャーシートを持参すると木陰でゴロンと寝そべることもでき、大人もリラックスできます。

子供だけの公園というよりは、ビーチコートなどのスポーツ施設や船着き場もあるので、大人向け仕様にもされており、レストハウスではビールを販売されているのも嬉しいポイントです。

ビーチは人工ということもあり波がありませんので、初めてのビーチデビューにも安心して遊ばせることができると思います(お水は飲まないようにしてくださいね)。

足が濡れた後はレストハウス脇に足洗い場があり足を洗うことができ便利です。

ただ、公園内に「レストハウス」以外の売店が無いのでお昼は用意して来た方が良いです。

「平和島」駅から来る場合はスーパーやファーストフード店、コンビニもありますので、お昼の調達には困りません。

「浜辺公園」はとてもキレイでオシャレな公園なので、1年に何度も訪れる公園です。

これからは更に熱くなるので水分補給に注意して遊びに行ってくださいね!

周辺のおすすめスポット

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる