姫路「干垣内公園」レビュー|複合遊具・トイレ・駐車場情報も

こんにちは!小坂あやみです。

5歳と0歳のやんちゃな兄弟の外遊びに付き合う毎日です。ある休日、体力の有り余る息子にせがまれ、姫路市にある垣内公園に遊びに行ってきました。 

垣内公園には、複合遊具やちょっと変わった船モチーフの遊具、大きな滑り台があります。

近隣の保育園からも多数遠足に訪れています。

幼児から小学校高学年まで幅広い年齢層で遊べる地元では人気の公園なんです。

今回は複合遊具や迫力の滑り台の紹介と、赤ちゃん連れのママとして気づいたことを書きたいと思います。

もくじ

垣内公園へのアクセス

〒671-1251 兵庫県姫路市網干区垣内北町1806

【車で行く場合】
・国道250号線を山電網干駅信号で下してから約5分。
※公式な専用駐車場はありませんが、公園内に5台ほど駐車できるスペースがあります。

【電車で行く場合】
・山陽電車 山陽網干駅 南へ約8分。
※駅からまっすぐ南に下ればすぐに分かります。

垣内公園から南に徒歩10分程の距離に「網干児童センター」がありますので、室内で遊んでから公園に来る方もいます。

垣内公園の公式ページはこちら

▲公園北側に停めるスペースがあります。

道が狭いため、駐車場から出る際は、近くの産婦人科に向かう車にご注意ください。

大多数の方は自転車や徒歩で来られるようです。

今回は子供用自転車やベビーカー持参だったので車で行き、駐車することができました。

垣内公園の遊び場レビュー

複合遊具

▲登ったり、渡ったり、滑ったり。

身体全体を使って遊べる遊具です。

2歳くらいの時はロープ渡りを怖がっていたのに、今ではすいすい。

成長を感じます。

▲ロープで向こう側まで落ちずに行けるかな?

ちなみにこれを大人がすると・・・結構な速さがスリルがあります。

終点では身体が反り返り・・・。

ママもやって! と言われた時にはご注意ください。

▲ぼくらの冒険小屋というネーミングにわくわくします。

公園内に橋

▲公園の南北への移動には途中に「橋」があります(下に川があるわけではありません)。

橋には地元網干の祭りの絵「チョーサ」が描かれています。

夏の網干花火大会のときには、この橋から花火を見ることもできますよ。

船モチーフの遊具 数字はどこ?

▲橋を渡ると、船モチーフの遊具があります。

海賊になりきって遊んだり、複数で遊ぶと子供たちの中で物語が生まれるようです。

▲船体にはランダムに数字が1から20までついています。

うちの子はこの数字を見つけるうちに20まで数えられるようになりました。

ながーい滑り台

▲3台ある長い滑り台が人気です。

▲滑り台の下は砂場になっているので、勢いがついても安心です。

小さい子は保護者と一緒に滑ることをお勧めします。

ただ、滑り台が長い分階段を登るのが結構大変なので、一緒に滑ると親が疲れます。

その他 公園内設備

▲複合遊具から少し離れた場所バスケットコートがあり、中学生位の子達が練習していました。

周辺には色々な種類のドングリの木があります。

秋にはどんぐり集めをして楽しむこともできます。

▲広いコートでサッカーも楽しめます。

垣内公園の休憩場所

▲垣内公園内には屋根付の休憩場所が数か所あります。

複合遊具近くの休憩場所のベンチは数が少ないのですが、少し離れれば、充分数はあります。

但し、屋根はあるものの結構日差しが入ってくるので夏場はご注意ください。

▲一番高い位置にある休憩所です。

見晴らし、風通しがよいので人気です。

自動販売機 コンビニ情報

▲公園入り口近くに現金のみ使用可の自動販売機があります。

また、公園入り口から西に徒歩5分の距離にコンビニ(セブンイレブン)があります。

▲東に5分程歩くと業務スーパーがあります。

格安で飲み物等を調達できます。

垣内公園のトイレ情報

▲公園南側のトイレ

比較的きれいですが、紙はありません。

また和式なので、慣れていない子は大変です。

オムツ替え台は1か所あります。

▲公園北側のトイレ。こちらも和式で紙もありません。

長男が小さいとき 和式を怖がって、公園隣の産婦人科のトイレを借りたこともありました。

こちらはおむつ替え台もないので、今回はシートをひいてオムツ替えをしました。

なぜかトイレの壁にアルファベットがあります。

親がトイレのときに、アルファベットを探させて子供を待たせるという方法を取ったこともあります。

垣内公園まとめ

ここは何度か行っている公園なのですが、行くたびに違う遊びを楽しむことができます。

垣内公園は姫路市では珍しく、公園内でアップダウンがあります。

そこで、今回は子供用自転車を持ち込んで、思う存分坂道下りを楽しみました。

車を気にせず、好きなだけ走りまわれるがとてもよかったようです。

垣内公園に来る際には、自転車・お砂場セット・ボール等、結構な装備で行くことが多いのですが、この日忘れたのが段ボール!

もちろん段ボールがなくても充分楽しめるのですが、長い滑り台は段ボールがあった方がより楽しめるようです(たまに、他の子が使った後の段ボールが落ちていることもあります)。

赤ちゃん連れで行く場合には、シートや授乳ケープの持参が必須!

北側トイレにオムツ替え台はありませんし、授乳するために隠れる場所がないので、ポップアップテントがあればいいかもしれませんね。

0.1歳くらいだとまだ遊具で遊べませんが、ピクニックをするには最適です。

お弁当を持参しても楽しいのですが、手軽に済ましたいときは、近くの業務スーパーでジュースやパンを調達という方法もあります。

ちなみに私のオススメは、公園すぐ近くの喫茶店「ひらら」。

姫路のモーニングはボリュームがなかなか凄いのですが、ここもドリンク代+αで姫路名物アーモンドトースト等色々味わえます。

ちょっと優雅な朝ご飯を食べて、公園で思いっきり遊ぶというのも楽しいですよ。

▲喫茶店ひらら。お店の前に自販機もあります。

ソフトクリームもテイクアウトも可能ですよ。

周辺のおすすめスポット

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる